interview 社員紹介

中途入社

interview01

きむら ななこ 木村 菜々子

中途:スタッフクラス

株式会社神奈川福祉経営研究所
SHONAN+

木村 菜々子

私の力を誰かの力に。

 仕事って人生の中で大きな割合を占めるから、生きがいをもって働きたい。特に女性が活躍できる業界で、女性の力になれたらと思っていました。求職者にお仕事を紹介して、企業とマッチングを図るのが私の役割。求職者と会って、経歴や将来のビジョンをヒアリングし、企業の採用課題と相性の良いものを探します。対人だから、マニュアル通りにいかないこともある。でも、「マメに連絡くれてありがとう。木村さんでよかった」「木村さんだからここまでこれた」と言葉をもらった時は嬉しい。自分が人の役に立っているという実感を得ています。

interview02

むらはし りえ 邑橋 里絵

中途:スタッフクラス

株式会社ユーミーネット
アドバイザー

邑橋 里絵

良い会社って、社員が長く働ける会社だと思う。

ユーミーネットには「女性の働き方TSP」というプロジェクトチームがあります。発足当時、みんな悩んでいました。家庭や自分の時間もほしいけど、仕事を疎かにはできない。そういう女性メンバーが集まって、営業補佐の機能を立ち上げました。結果的にこのプロジェクトは大成功。他の支店でも展開することに。
営業として働いていた頃より、店舗全体のことを考えて視野が広くなりました。チームで働く良さも知った。こういう立場で仕事をさせてもらっているので、長く会社にいて貢献したい。上司も、「おばあちゃんになるまでいてよ」って言ってくれるんです。恵まれた環境だなと思います。

interview03

ボンマニーセンダバン

中途:スタッフクラス

株式会社丸山工務所
営業

ボンマニーセンダバン

湘南への想いを感じる、大きな仕事。

都内で不動産の仕事を7、8年経験しました。1年くらい前に神奈川で仕事をしたいなと思い、転職。湘南でよく遊んでいたし、地域密着ビジネスの仕組みを知りたいと思いました。今は主に、湘南エリアの地主様に対してマンションの受注をする営業をしています。受注までには1年単位の長い期間がかかる。プロセスには何十人も関わるので、実を結んだ時の喜びは大きいです。
湘南の投資家樣は、湘南を好んでいる人が多いと感じます。湘南への思いが強く、土地に愛着を持っています。いつかは僕も、オーナーになってみたい。

interview04

とおとうみ じゅり 遠江 珠理

中途:スタッフクラス

株式会社ユーミーClass
管理スタッフ

中道 健太郎

「うちの会社最高!」って言ってた人たちだ!

3年前、前職の仕事でハワイに行った時に、お酒に酔って「うちの会社最高!」って言っている社員旅行の人たちがいました。そばにいた私もその会話に参加し、名刺を交換したんです。「きっと本当にいい会社なんだろうな」と思ったことをよく覚えています。その後湘南エリアで勤め先を探すことになり、カエルのマークを見てピンと来ました。「あの時の会社だ!」この偶然に背中を押され、入社しました。
今はオーナー樣担当として、会える時には10分でも会いに行って関係を築きます。修繕を承諾してくれた時などは、信頼していただけたことにやりがいを感じますね。以前定年退職された女性の先輩は、顔を出すとどのオーナー樣からも喜ばれる人でした。この先輩が築き上げてきた信頼はすごい。私の目標です。

interview05

ぬまた ゆうすけ 沼田 勇介

中途:管理職クラス

株式会社ユーミーClass
マネージャー

沼田 勇介

オーナー様に会うために、何ができるだろう?

 不動産管理会社は地味なイメージがあると思う。業務的には淡々としているし、オーナー様にとっては、きっと管理して当たり前。でも、何十年も続く賃貸経営とオーナー様との関係を、もっと密にしたいと思いました。
 エリアセンターの新規出店から1年。エリアの新聞を発行しました。内容は手に取ってもらいやすいように、スタッフ紹介などの読みやすいもの。お宅を訪問した時に手渡すようにしたら反響がありました。今まで来店するオーナーはいなかったのに、少しずつ増えてきたんです。オーナー様と接する機会が一番多いのが管理会社。もっとコミュニケーションを増やせるように、努力していきたい。

interview06

いわた けいすけ 岩田 佳祐

中途:管理職クラス

株式会社ユーミー総合サービス
次長

岩田 佳祐

サービスも人も、育てていく。

 引越事業部はまだまだ立ち上げ期。人材育成の体制を整え、大手と差別化を図るため、自分たちならではのサービスを模索しています。
 新居に入る時は、不動産会社の目線で不具合点検を行います。万が一この時に不備があっても、初期対応ができるのがグループ連携の強みです。他にも、不動産のプロとしての入退去に関するアドバイス、処分品の回収、お子さんがいる場合はバルーンアートを持っての写真撮影など、引越業界の常識にとらわれない新サービスをどんどん採り入れています。撮影はすごく好評ですね。
 最近では、ユーミーらいふグループの管理物件ではない方からのご指名も増えてきました。今後はより一層、地域の人々から必要とされる存在になりたい。目指すは、湘南一の引越会社ですから。

interview07

かどわき まこと 門脇 誠

中途:管理職クラス

株式会社ユーミーネット
店長

門脇 誠

部下の成長を見守る。いつかはこのエリア全体を。

 店長2年目の時、大きな店舗を任されました。大きな目標数字に加え、部下の人数も多くて苦労しました。部下のひとりに、売上目標がなかなかクリアできない社員がいました。彼の可能性を信じて、何度も繰り返し根気よく指導しました。お客様に担当の変更を希望され、辞めたいと言われたこともあった。それでもなんとか踏ん張ってくれて、だんだん力を発揮して成長していった。それが嬉しかったです。人を育てることの大変さを知り、自分の信念を持って臨むことが大事だと感じました。次なる私の目標は、エリアマネージャーですs。